ヤスハラ・マーケティング・オフィスの近況

01月15日

2019年となりました。もう人生の最後の直線コースに向かって走っている気分です。今は、競馬で言えば第四コーナーのきつめのカーブ。


スタートから第一コーナーまでが子供の頃で、第一コーナーから第二コーナーが学生時代。そこから、第三コーナーにかけてが大卒で就職しての会社員時代でしょうか。で、、第三コーナーから第四コーナーへ向かう道のりが独立してマーケティング・コンサルタントの時代ですね。そして、それも終焉へ向かいつつある・・・、人生のラストスパートはもうすぐなのか。


さてさて、最終の直線がちらっと見えてきました。基本方針は「全てを出し切る」。ゴール前で倒れたとしてもやむなし、の覚悟でございます。走り方やら、コース取りぐらいはケアするものの、ただひたすらまっすぐ先にあるであろうゴールを目指します。 あとはお任せ、なるようになりなはれ。


Go with the flow.


◼️絵本の話
上の子と続けてきた絵本千冊借り出しも達成し、下の子の絵本千冊を今年の後半からスタートしようと思っております。


借りてきた中で、実際に購入まで至ったオススメ絵本を数冊、久々にアップしてみます。今回は読み聞かせの読み手となる大人のためのチョイスです。「ページをめくる手が思わず止まってしまう」シリーズw。


まずは図書館で借りてみては?


「みんなみんな、いただきます」

まったくドラマらしいドラマもないお話です。しかし、沁みる。登場人物全員が目を閉じて祈るシーンはただただ沁みるのです。


「うちってやっぱり、なんかへん」

三姉妹で描かれる北欧のオシャレ・イラストと、ちょっとトボけたセリフ。そして、軽くだけど、深めに心をエグルような展開がいいです。


「オレゴンの旅」

軽い自己啓発書で時間を浪費してしまうのなら、迷わずこれを借りてみてはいかがでしょうか? 誰にもある黄昏気分を描きながらも、そこからの次の一歩がシビれる表現になって、何度読んでも唸るのです。

ページのTOPへ戻る