ヤスハラ・マーケティング・オフィスの近況

12月09日


「<新版>マーケティングの基本」(日本実業出版)が増刷になりました!。 ご購読いただいた皆々様には、深く御礼申し上げます。初版が2009年です。もう、足掛け10年となっております。長生きしてますなあ。


新版になってからも販売が堅調なようで、嬉しさよりも気恥ずかしさを感じるほどです。きっと、著作は「自分の分身が世間様に残す生き様の痕跡」のようなものなのでしょう。


*************************


■我が家にファシリテーターがやってきた!


長女が8歳、小学二年生も半ば過ぎ、親の言うことをハイハイ聞くようなこともなくなって、なかなか手強くなってきてます。この手の時期をプレ反抗期とも言うらしい。娘がお風呂に早く入ってくれない不満から、父と娘がどなり合うくらいのやりとり(まあ、よくある親子ゲンカっすな)まで発展してしまいました。


雰囲気の悪さに「まじーなあ」と痛感する父は、ついに家族会議、それも家族内課題検討のグループワークを提案し、実施したのでした。栄えある第一回でございます(苦笑)。


プロのファシリテーター(小生のことね。別称トーチャン)が呼ばれて、以下の概要で進行しました。


・参加者:4名。父・母・娘(8歳)・息子(3歳)
・形式:グループワークによる課題解決
・備品:大きめの紙(落書き帳を転用)、ポストイット
・時間:30〜45分程度のミニワーク


2019-12-9.jpg


家族を理性的に仕切る小っ恥ずかしさはあるものの、意外と小二女子のワークへの参加態度が良く、ワークの大崩れなしに解決案までたどり着けました!。そうそう相方である母はプロの市場調査のモデレーターでしたから、グループワークの勘所は熟知してます。


3歳の息子はオミット前提でしたが、参加意欲満々なため、メンバーとして扱っています。線ぐしゃぐしゃなポストイット等はすべて彼の意見(・・・だと思う)。


さて、課題を整理していくと、大きくは・・・・、娘が、先に入るという順番に固執すること、読書などを優先して入浴までに時間がかかることの2点です。で、これらに押されて父と息子が入り時間がずれ込み、父は時間の浪費を苛立たせる。夕食時間以降のスケジュールが遅くなることで、母の不満に繋がる。


見える化の効果は高く、娘からは「入浴順序にこだわらない」「お風呂の準備ができた時点で、自分がすぐ入るか、父息子組がすぐに入るかを決める」という具体的なアクション・プランができました。じゃあ、まずはやってみよう!、ってことでかなりいい感じの大団円となりました。すでに二日実践して、手応えがあるので、家族内グループワークは手法としても高く評価されました。よかったよ、プロとして面目保てて。


家族といえども他者同士ですからね、軋轢は普通なんですな。ちょっと生活を俯瞰しながら、対等に言語化・文字化するコミュニケーションの場は重宝されそうです。


父は仕事のみ(昭和)から、父は仕事と家事・育児も(平成)になり、父は仕事・家事・育児・ファシリテーション(令和)ってなことになるのでしょうか? ええ、ええ、「いつ仕事するんだよ!」というツッコミもあるでしょう。これも是非、家庭内グループワークでご検討くださいw。

ページのTOPへ戻る