ヤスハラ・マーケティング・オフィスの近況

12月11日

年末となってきました。


◆新しい業務
拙著「ブランディングの基本」を読んでいただいた会社さんから新規の業務依頼が来ました。まずはご縁を手繰っていただき光栄です。ありがとうございます。


在所が東京ですから、信州松本からでは通常のミーティングでの進行ができないこと。未就園の2歳を抱えて、既に高齢の父は子育て優先の生活を志向しているため、当意即妙的な機動力がほとんどないこと。これら2点を重々強調させていただき、それでもよろしいのでしたならという条件で案件の受託をすることになりました。


ただ、クライアント先からいただいたお題は深く、「ヤスハラの提唱するブランディングを超えた、全く新しい視点のブランディング」というものです。初対面で自己否定させられるような気分は久々ですわい。いいんですよ、本も5年経ったし。元は取れたしw。ばっさりいきましょうよ、という諦観で取り組まさせていただく所存です。


◆新しい地元
サッカーにはあまり興味がなく、というよりプロスポーツを観るという習慣がないというのが正しいのですけど、松本のJリーグチームがJ2で優勝し、来年からJ1に昇格することになりました! 、というのは正直言って、ビッグニュースでした。


個人的にすごく嬉しいわけではありません(もちろん、悲しいわけでもありません)。その理由となる大元は、小生の周囲に松本のチームを入れ込んで応援している人が複数存在するからです。人口と観客動員数から見ても、そのファン濃度は高いと思われます。


日々の生活で顔をあわせる人が、贔屓チームの勝敗に一喜一憂する姿を眺めてますと、思うのです。ああ、なんとか負けた翌日の寂しげな様子を取り除いてあげれないものだろうかと。まぁ、プロリーグの中での優勝劣敗ってさ、終わりのない無間地獄ですよね。だが、それは言うまいw。


ともかく松本は優勝ですから、来年一部リーグですから、これで人々の笑みが増えるなら、たとえ、一年程度かもしれなくても、やはり嬉しいのでした。移住して4年。もう地元民と呼べるぐらいの関係の根が張ってきてるということでしょうか。


◆新しい食事
相方は表向きは専業主婦っぽい生活ですが、それは世をしのぶ仮の姿。そう、できうるならば将来、食に関するビジネスを新たに創造し、フリーランスやら起業やらを模索している臥龍鳳雛(がりゅうほうすう)やも知れぬ身なのでした。


もちろんその旦那である小生は可能な限り応援しています。妻を起業させ、新たな社会的な立ち位置を獲得してもらう活動を、「髪結いの亭主プロジェクト」と呼んでおります。まさに家庭内新規事業部なのです。髪結いの亭主は、その成功の暁には宿六として左うちわ生活という野望を抱いております。


当然ながら、食事には相方がトライしたいレシピが数多く登場し、信州に来てからずっと研鑽を積んできているせいか、なかなか初見とは思えない出来栄えにこちらも「このプロジェクトはいけるかも?」と期待を膨らませつつあるのでした。


まぁ、そんなにビジネスは甘くないけどさ。ちなみに、小生は週一の夕飯を担当しております。腕の差は開くばっかりだよ。7歳の娘からは「トーチャンが勝っているのは餃子と生姜焼きだけだな」って、ごめんな。


ただ、この生活に根ざしたプロジェクトのいいところは副次効果が高いところではないでしょうか。もちろん、表面的には夕飯が美味いところですよね。しかし、もっとも重要なのは、日々の生活と未来が一本に繋がるところです。


今を大事にできる機運が家族の中に漂うのです。本当に仕事にまで行き着けるかは誰もわからなくても、この皿に思いを込めていることは7歳児、いや2歳児だとしても伝わるのではないでしょうか。

ページのTOPへ戻る