ヤスハラ・マーケティング・オフィスの近況

11月09日

◆ともかく最近はチャートばかり書いている。描いているという方が正しい。業務が全面的にZOOMに切り替わったおかげでもあるのだが、図表がアジェンダになって、ホワイトボードのフォーマットになって、おまけに、議事録にもなるのだった。累積していくチャートは徐々に平面から立像をなすが如く、漸増していく。弊社はプロジェクトが「不要不急ながら、骨太なテーマ」が主流なので、案件ごとの対象期間がメチャ長いのだ。骨太とは、でかいテーマを風呂敷にして、何もないところから包み込む中身を創るといった仕事の類だ。問いにメンバーが答えながら、濃霧に覆われた目的の核心に近づいていく。もう、図解とは言い難く、図問と呼びたいところだ。なぜか、この手のお題を11月は4件ほど抱えている。今日も謎が新たな課題を、課題が新たな謎をチャートの中で立ち現れてくるのだった。


図問
<問いのための図解を図問と呼んでみる>


◆先週、家族で富山県は黒部の宇奈月温泉に行った。下の男の子の電車好きに応えることも兼ねて、紅葉の渓谷をトロッコ列車に乗ろうという話だ。トロッコ列車も終わって、温泉街を散策するときに、上の娘が「温泉街はたいくつだー」を連呼する。そこで、将来パティシエになりたいと言うのに掛けて、「じゃあ、この温泉街でオリジナルのスイーツを創るとしたら、どんな店で、どんな商品ならいいか想像してみてよ」と突っ込んだ。いたくこれが刺さったらしく、今度は一転して、うむうむといいながら街の観察とおみやげ物屋のチェックをし始めた。学びの源泉は興味関心しかない、ってことなのだろう。


2915098_2335193154_243large.jpg
<旅で何を学べるかも興味次第>


◆月に一回、松本市の四賀地区ある古刹「洞光寺」お借りして瞑想会をしている。事務局として手伝っている感じだが、個人的には自分のためにあるような会だと思っている。ともかく、この会の流儀では、参加者が自由に座っていいのだ。信州松本にもいくつか座禅会を催す禅寺があり、参加してきた。そもそも禅の核心は不立文字なので、瞑想への説明がミニマム以下なのが、いつも残念に思う。曹洞宗だと「調身・調息・調心」でくるっとまとめて、あとは座りましょう!、みたいな潔さなのだ。いつも一人か二人は初心者が来られる。その戸惑う様子に少しでも寄り添えればと、サマタ瞑想やヴィッパサナー瞑想を説明するが、これもフレンドリーとは言い難い。模索は続く。


2915098_2335193153_46large.jpg
<お寺の真言宗八祖の屏風絵は何を語るのか?>

10月26日

◆次の20年を考える
いや、10年か・・・
いやいや、考えれるのは次の一手のみか?


独立して20周年をさんざん語ってきたわけですが、それももうお仕舞い。これからのことに思いが行きつつあります。マーケティング・コンサルタントも当初とは大きく様子が異なったものになっております。創業から15年ぐらいは純粋にマーケティングをサポートしていました。B2Cのためのコンサルティングでした。


しかし、昨今は、B2B2B2Cが中心になっております。クライアント企業に対してなんらかのサポートをする企業がヤスハラのクライアントになっているという構造ですね。どういう風に顧客企業にアドバイスをしたらいいかを一緒に考えて欲しいみたいな、コンサルのためのコンサル、ファシリテーシターのためのファシリテーター、講師のための講師、つまり、Bが多いのは、階層が一段とメタになってきてるということです。


確かに、どんな形態でも業務が継続しているのは有難い限りです。皆様とのご縁に感謝申し上げます。何と言っても子供も小さく、まだエッチラオッチラ働き続けないと回らない人生途上ですからね。ただ、だからと言って、現状の延長を次の20年と考えるのはマズイ予感もします。先述の現象はコンサルタントとしての上がりが近いことを示してる気がするのです。だって、昔で言えば相談役とも言える立ち位置じゃないですか。いつまでもBが足されて成立するようなビジネスでもなさそうなのです。


なので、次の20年、いや、10年ぐらいを新たに考えようとしております。が、今までが計画的な打ち手で積み上げたものではないわけですから、できることは、ただただ「次の一手」のみでしょう。ならば、せめて小生が提唱している「差積化(させきか)」は想定しておきたいところです。一手とはいえ、意味ぶかさは大切にしたいのです。


スライド1.png


正直なところ、「マーケティング」もコモディティ化した知識体系となりつつありますから、そこでコンサルティングを生業にするのはなかなか難しくなっていくでしょう。「自前でできます」って言われる世界はすぐそこ、ってことです。するとです。屋号「ヤスハラ・マーケティング・オフィス」も書き換えが必要なのかも?、ってなことに繋がるわけです。


うーん、企業名変更とか定款改訂とか、個人事務所風情がやりたくないことですな。もう、そんな瑣末な話は何でもいいでしょって(苦笑)。そこで、次の一手は微妙な変更でありながら、差積化を効かせて、大きく角度違いな世界を目指そうと思っております。


とりあえず、今までは・・・
ヤスハラがクライアントのマーケティングをサポートするための事務所
=ヤスハラ・マーケティング・オフィス


・・・でしたが、これからは
ヤスハラがヤスハラのマーケティングをサポートするための事務所
=ヤスハラ・マーケティング・オフィス


ということにしようかと。つまり、目的語を差し替えるだけなんだけど、ヤスハラが一つの商品名みたいな意味になることを狙ってるわけです。まあそれが、ここ数年水面下でコネている新事業に繋がってるんですけどね。


若い頃憧れていた「つかこうへい」と「つかこうへい事務所」の関係なのかな。そう思うと気分は上がるね。ただし、依然として、目指すのはB2B2B2C→B2Cなのか?、商標としてのヤスハラのリブランディングなのか?、現時点では全く不明です。


不遜ながら葛飾北斎を人生のロールモデルにしています。あの有名な神奈川沖波裏は70歳代にできたものらしいです。すごいね。生まれ年が小生とはちょうど200年違いの1760年。10月31生まれってことは、そろそろ誕生日なんだね。あやかって人生最後になるであろう新規事業にコツコツと取り組んでいく所存でございます。


皆様のご笑覧に至れるなら本望です!


Go with the flow.